祭り年表 平成時代

年表 大正以前昭和初期昭和中期昭和後期平成時代


平成時代

元年 ・大中里 秋祭りに初参加。 ふじのみや祭ガイド
・瑞穂 山車改修 65周年記念誌
・神社前に十五区が勢揃いした。
2年 ・二の宮 7月神田より屋台を譲り受けた。 ふじのみや祭ガイド
・神田山車大改修 富士宮まつり70周年記念誌
・常磐山車を新造 富士宮まつり70周年記念誌
・共同催事雨で流れる。
3年 ・二の宮 市より補助を受け、屋台を大改造。独立後初めて祭り実施 ふじのみや祭ガイド
・勢揃い13区
4年 《市制施行五十周年》
・大中里山車を新造 富士宮まつり70周年記念誌
・羽衣山車新造 富士宮まつり70周年記念誌
・高嶺御殿屋台新造 富士宮まつり70周年記念誌
・浅間山車修造 富士宮まつり70周年記念誌
・大和山車新造 富士宮まつり70周年記念誌
・咲花山車大改修 富士宮まつり70周年記念誌
5年
6年 ・琴平屋台から山車に改造を始める。 富士宮まつり70周年記念誌
7年 ・富士宮囃子「静岡県無形民俗文化財」に指定される。
8年 ・神立山車を新造 富士宮まつり70周年記念誌
9年 《市制施行五十五周年》
・宮本山車蔵建設
・木の花山車新造 富士宮まつり65周年記念誌
富士宮囃子保存会発足 保存会 平成9年8月6日
平成9年度静岡県民俗芸能フェスティバル
富士宮市中央公民館 保存会
平成9年10月5日
10年 保存会太鼓入魂式、新年太鼓叩き初め(鎮魂太鼓)始まる
保存会
h10.1.18
世界女子ソフトボール選手権歓迎セレモニーアトラクション
保存会
h10.7.19
11年
12年 ・日の出2区より瑞穂に改名 富士宮まつり70周年記念誌
13年
14年 《市制施行六十周年》
・咲花山車の屋根を明かり取り屋根から、唐破風銅葺き屋根に改修。 富士宮まつり65周年記念誌
・城山山車を新造 富士宮まつり70周年記念誌
15年 ・阿幸地秋祭りに初参加 富士宮まつり70周年記念誌
伝統文化こども教室で富士宮囃子を紹介 保存会 h15.11~h16.3
16年
17年 第47回関東ブロック民俗芸能大会出演 保存会 平成17年10月23日
18年 底抜け屋台新調( JA助成事業で) 保存会 h18.9.30
19年 《市制施行六十五周年》
・二の宮山車を新造 富士宮まつり70周年記念誌
20年
21年 国民文化祭《お囃子の祭典》
22年
富士市ふるさと芸能祭にゲスト出演 保存会
h22.10.3
23年 ・琴平山車改造完成 富士宮まつり70周年記念誌
24年 《市制施行七十周年》
25年
26年
27年
28年
29年 《市制施行七十五周年》
30年

大正以前昭和初期昭和中期昭和後期平成時代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする